本文へ移動
若手現場監督、阿部さんに現場監督の仕事や及川工務店の魅力について聞きました。

現場監督/阿部さん


現場監督 阿部さん 2014年入社


ー 普段の仕事内容を教えてください

 

普段は、現場での作業指示や安全管理、日報などの書類作成、出来形(施工完了したもの)の管理をしています。新しい現場が始まるときは、施工工程や方法を決めたり、重機・資材の発注などの段取りを組みます。

        書類作成をしている阿部さん


ー 入社のきっかけは?

 

以前、勤務していた会社は海洋工事関係の潜水士の会社でした。
そこで土木の仕事に関わり、現場にいる監督の方々の仕事を見ている中で、自分もやってみたいと現場監督の仕事に興味を持ちはじめました。

そして、海洋土木工事を扱っている及川工務店へ入社を決めました。

最初の4年間は監督見習いとして先輩監督につき、現場監督の仕事を1から学びました。

その後、社内の先輩監督の方々に助けてもらいながら1人で現場を任せてもらうようになりました。

        現場の報告をしている阿部さん


ー 仕事でやりがいを感じる瞬間は?

 

自分が監督として1から段取りを組み、指示を出し、みんなで作っていったものが形として残ることが現場監督のやりがいだと思います。

また、地元の方々の生活に直接関わる施設の工事をするので、地域の人にありがとうと喜んでもらえると、地域の役に立っていることを実感でき、こちらも嬉しくなりますね。

        阿部さんが担当する現場


ー 印象に残っている仕事は?

 

1番印象に残っている仕事は、やっぱり、現場監督として初めて任された現場ですね。

最初はすごく緊張や不安がありましたが、先輩やまわりの方の力を借りながら施工を完了させることができました。初めて自分が現場監督として1つの現場を終わらせられた時の安堵感は忘れないと思います。

        職場の阿部さん



ー 及川工務店の魅力は?
 

監督見習い期間が4年間と育成期間が十分にあるところです。

資格取得時の勉強と、現場を見て学ぶことは全然違います。

自分は、現場監督経験ゼロから及川工務店に入りましたが、先輩も優しく教えてくれるし、4年間先輩のそばで現場を学ぶことができたので心強かったです。

今でも、各現場監督が集まる週次の工程会議で、他現場の先輩監督さんに相談したり、自分の現場を見に来てもらったりして先輩に教えてもらいながらやっています。




また、現場監督の裁量が大きく自由にやらせてもらえるところも良い点だと思います。

例えば、どの会社の重機にするかなど、取引相手も現場監督が各現場で決めるので、その時その時に応じて柔軟に対応することができます。

        各現場監督で行う工程会議



ー 今後の目標は
 

今は建築施工管理技士2級の資格に挑戦中です。

現在は土木施工管理技士1級を持っていますが、建築施工管理技士2級の資格を取得することで、より多様な現場も監督できるようになりたいと思っています。

        インタビュー中の阿部さん


ー 就活生へメッセージお願いします


まだやりたいことが見つかっていない方は、色んなことにチャレンジしてみてください、その中で自分の視野が広がって、やりたいことも見えてくると思います。

また、都会での就活に疲れたら地方の企業にも意識を広げてみてください。地方なら引く手あまたなので、活躍できる幅が広がります。


現場監督は、工程を進めていく中でトラブルや変更はつきものなので、その時にしょうがないと前向きになれる人が向いていると思います。

お待ちしています!
株式会社及川工務店
〒026-0015
岩手県釜石市新浜町1丁目
4番37号
TEL:0193-22-5511
FAX:0193-22-5513

土木工事業
建築工事業
大工工事業
とび・土工工事業
ほ装工事業
しゅんせつ工事業
造園工事業
解体工事業
岩手県知事 許可(特-29)第1008号
岩手県知事 許可(特‐1)第1008号


0
4
9
1
4
5
TOPへ戻る