本文へ移動

及川工務店の環境事業

 

私たちが行っているのは土木や建築事業だけではありません。
サスティナブルな環境を未来の子どもたちに残すため、波力発電開発事業やリサイクル事業も行っています。

私たちの挑戦していることについて紹介します。

循環型社会を釜石から-波力発電事業-


波力発電とは

  

波力発電は海でおこる波の上下運動を利用した発電方法です。

面積あたりのエネルギーは、太陽光の20〜30倍、風力の5〜10倍と言われてます。

また、風力などの発電方法より波は予測しやすく発電量の見通しが立てやすいこともあり、サスティナブルな社会に向け注目されている発電方法です。


現在行っている波力発電開発事業では、釜石湾口防波堤の上に発電機を設置し、防波堤にあたる波の力を使って電気を作ります。

現在は、釜石市内の他3社、大学の先生方と協力し、環境省の委託事業として波力発電の開発・実証実験を行っています。

        釜石湾口防波堤


釜石の海を活かしたい

 

なぜ工務店である私たちが波力発電事業を行っているのか。

それは、今まで弊社は海とともに仕事を行ってきて、「この釜石の海を活かしたい」という気持ちが大きいからです。

時には全てを破壊しうる海ですが、この海の持つエネルギーを活かすことが、復興後の釜石で自分たちにできることなのではないか、という思いでこの事業に取り組んでいます。

弊社は、、海洋土木工事を得意とする企業として、発電に使う機械やその土台を防波堤に建設する役割を担っています。

        波力発電の実験を行っている様子


波力発電で創る釜石の未来

 

私たちは、地元の海で作った電気を地域で使う「エネルギーの地産地消」を目指しています。

具体的には、養殖の自動給餌機や陸上養殖の海水の汲み上げ、海近くの市場で使われる電気を波力発電で賄える未来を考えています。



釜石で波力発電システムが確立すれば、日本中、世界中で波力発電を普及させることができます。
その結果多くの地域で「循環型経済」も普及することができます。

現在は、まだ実証・実験段階ですが、波力発電が安定的に供給できる未来に向けて日々走り続けています。

産業ごみを出さない社会-リサイクル事業-


リサイクル事業で行っていること

 

弊社のリサイクル事業では県内のプラスチック関連製造企業様から、製造工程で発生するプラスチックの端材や不良品を有償で買い取り、自社工場で粉砕し、種類や色ごとに分別し、リサイクルプラスチックの原料として海外へ輸出しています。


地域の声から始まった

 

この事業は地域企業の「廃プラスチックの処理に困っている」という声から始まりました。

当初は集めた廃プラスチックを加工して、従来のコンクリートの側溝蓋より半分も軽く、丈夫な道路の側溝蓋の製造を行っていました。

釜石市から再生品として認定を受けていましたが、東日本大震災時に製作設備が流されてしまい、側溝蓋の製造を続けることができなくなりました。


現在のリサイクル事業へ

 

それでも、廃プラスチック処理に困る地域の声に応えるため廃プラスチックの使い道について模索を続けました。

その中で、リサイクル状況を学ぶため中国へ赴くこともありました。 そうした模索の結果、海外への輸出を決め、今に至っています。

今では、この事業は地域・環境に貢献する事業になっています。

        県内企業から収集した粉砕前のプラスチック
        輸出コンテナを載せたトラック

及川工務店の目指す釜石

弊社は海洋土木工事を主に行う工務店ですが、これまで紹介したように様々な事業に挑戦しています。

地域の再生可能エネルギー利用を実現し、釜石地域企業のカーボンニュートラル活動を進め、地域主導の経済循環モデルを目指していきます。

そして、次の釜石を担う子どもたちにバトンを繋げられる環境を作っていきたいと考えています。

株式会社及川工務店
〒026-0015
岩手県釜石市新浜町1丁目
4番37号
TEL:0193-22-5511
FAX:0193-22-5513

土木工事業
建築工事業
大工工事業
とび・土工工事業
ほ装工事業
しゅんせつ工事業
造園工事業
解体工事業
岩手県知事 許可(特-29)第1008号
岩手県知事 許可(特‐1)第1008号


0
4
9
1
4
5
TOPへ戻る